前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

野球の道具のバット

野球の道具のバットは、慎重に選ぶ必要があります。

特に少年野球で使用する場合、
適切に指導する必要があります。

大事なのは、バットの長さです。

少年野球の場合、
先を考えて長すぎるものを買ってしまう傾向にあるので注意しないといけません。

体に合った適切な長さのバットを購入する必要があります。

良いバットの長さは、
腕の付け根から指先までの長さを測り、
その長さに1.3を掛けた数字が理想と言われています。

バットの重さももちろん大事です。

バットの先を軽く振り、
重さで腕や上半身の筋肉が張るようなら、
重すぎるので、もう少し軽めのバットを選ぶようにします。

バットのタイプには色々あり、
短めでグリップが太いバットは、短打を狙いやすく、
長めでグリップが短いバットは、長打が狙いやすいです。

それぞれの個性に合わせて選ぶことです。

バットを選ぶ時は、グリップの感触も大事なので、
握ったとき、自分の手の平の中でしっかり摘める物を選ぶようにします。

軟式少年野球用のバットには、アルミ製、ジャラルミン製、
カーボン製、カーボン+グラス+ウレタン製、木製などがあるので、
自分の好みで選びましょう。



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ