前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

バッティング編フォーム

バッティングのフォームは、
自分の特徴を生かした様々な構えがありますが、
大事なポイントは重心です。

まず構えとして、重心位置が軸足股関節にくるようにし、
リラックスした状態にすることが大事です。

そして、ステップする足の大腿骨は骨盤に対して90度以上になるよう調整します。

テイクバックすると時は、
肩の高さまで肘を上げ、肘を適当に曲げるようにして、
上げた足を下ろしながらスイングします。

バッティングのフォームは、
腰の回転を意識することが大事で、
バットが遠回りしないように気をつけないといけません。

たとえば、早いボールを打つ時は、
足を下ろすタイミングを早くし、
足を下ろしたらすぐにスイングしないと間に合いません。

バッティングのフォームを完成させるには、
最後のフォロースルーも大事です。

スイングし終わった時の形は特に意識する必要はありませんが、
大きくフォロースルーができているかどうかチェックする必要があります。

バッティングのフォームは、一連の流れで完成するので、
どこかに欠点があると上手くいきません。

フォロースルーが小さい人は、
一連のバッティングフォームの流れの中に問題がある可能性が高いです。


高橋雅裕のスピン打法 〜ボールに回転を加えて打球の飛距離をアップさせる方法〜 [TKH0001]



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ