前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

バッティング編タイミング

バッティングは、フォームも大事ですが、タイミングも大切です。

タイミングが合わないと、
打球を飛ばすことができません。

少年野球では、タイミングが合わないことが多く、
振り遅れる選手が沢山います。

タイミングよく打つには、リズムが大事です。

バッティングのタイミングの取り方で一番簡単なのは、
1、2の3のリズムを取り入れることです。

この方法は実に簡単で、これを意識するだけで、かなり上達します。

大事なのは、のという間を作ることにあり、
のがあることで、色々な球速のボールに対応できます。

変化するボールにタイミングを合わせるには、
1、2の3のタイミングでバットを振る練習をすると効果的です。

わかりやすく解説すると、1のタイミンで構え、
2のタイミングでテイクバックします。

そして3のタイミングでスイングを開始するのです。

1、2の3の、のという間に、ストレートか変化球かを見極めます。

タイミングを合わせる場所は、
2のタイミングのテイクバックの時で、
ピッチャーが足を上げてタメを作り始めた時に合わせます。

そして、ボールが通過する中間の地点に合わせて、
踏む込むタイミングを合わせます。



高橋雅裕のスピン打法 〜ボールに回転を加えて打球の飛距離をアップさせる方法〜 [TKH0001]



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ