前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャー編フライの取り方

野球の基本として、
まずキャッチャーフライの取り方を学ぶ必要があります。

なぜなら、キャッチャーフライは、
通常のフライトは違うからです。

キャッチャーはバックスクリーンの方を向きますが、
他の野手はホームベースの方を向いていて、
この向きが大きなポイントになります。

通常のフライの場合、
スピンで打球に飛距離が出ますが、
キャッチャーフライの場合、
上への力が強くかかっているので、
自分の位置から遠ざかりながら落ちてくる特徴があります。

徐々に遠ざかっていくので、
他の野手のフライと比べると困惑します。

キャッチャーの場合、ボールの出発点を目の前で見ることになるので、
一端は近づいてくるのですが、フライの頂点を境に自分から遠ざかっていきます。

キャッチャーフライの取り方のコツは、
そうした特性を生かし、フライが上がったら向きを180°回転させることです。

つまり、野手と同じ方を向くのです。

そして、ボールの真下ではなく、
フィールド側で待つようにします。

野手と同じように、
ボールが近づいてくる向きになることが重要なポイントになります。





野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ