前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャーのフォームは

>キャッチャーのフォームは、
野球の基本として、重要な要素になります。

キャッチャーのフォームには、
キャッチングとスローイング

まず、キャッチングのフォームは、
ピッチャーにキャッチャーミットの正面が見えるよう、
低めギリギリの位置に構えるのが理想です。

肘の使い方がキャッチングフォームのポイントで、
肘を伸ばしてキャッチングしてはいけません。

左肘を柔らかく使いながらキャッチングすると、
審判からの印象も良くなります。

無理やりストライクゾーンにねじ込むようなキャッチングフォームは
かえってボール判定の対象になるので、注意しないといけません。

ランナーなしの場合は、左ひざをついてもいいのですが、
かかとは左右どちらかを上げておきます。

ランナーがいる場合は、常にかかとを上げておきます。

スローイングのフォームは、以前は左のステップが主流だったのですが、
最近では右のステップが主流になりつつあります。

1歩目は右足を前に出す方法です。

このほうがコンマ何秒か早く、
正確に強い送球ができるからです。

投げる方向にしっかり踏み出し、
きちんとした投げ方を習得することが大事です。

少しでも、お役にたてれば嬉しいです。





野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ