前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

野球の道具のグローブ

野球の道具のグローブは、
様々な種類があります。

軟式、ソフトボールによって専用のグラブがあるので、
野球の種類に合わせたグラブ選びが大事です。

また一般用とジュニア用に分かれているので、
少年野球で使用する場合、大きさに注意が必要です。

硬式用グラブはボールが硬いので、
重くて硬いのですが、
軟式用はボールが柔らかいので、革が薄くなっています。

硬式用を軟式用で使用すると、
球をはじきやすくなるので、
軟式と硬式は、グローブを使い分ける必要があります。

グローブにはそれぞれ特徴があり、
キャッチャーならキャッチャーミット、
ファーストならファーストミットを使用するのが普通です。

捕手用には、甲の部分がベルトタイプと通常タイプがありますが、
ベルトタイプは通気性がよくなっています。

投手用のグローブは、グラブの中で握り替えをするので、
ポケットがやや深くなっています。

網の部分が完全に覆われている形になっていて、
球種を読まれないように工夫されています。

内野手用のグローブは、軽く作られていて、
小さめでポケットも浅くなっています。

外野手用のグローブは、
フェンス際の処理などが多いので、
縦に大きくなっています。



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ