前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

野球の道具のグローブ

野球の道具のグローブは、
様々な種類があります。

軟式、ソフトボールによって専用のグラブがあるので、
野球の種類に合わせたグラブ選びが大事です。

また一般用とジュニア用に分かれているので、
少年野球で使用する場合、大きさに注意が必要です。

硬式用グラブはボールが硬いので、
重くて硬いのですが、
軟式用はボールが柔らかいので、革が薄くなっています。

硬式用を軟式用で使用すると、
球をはじきやすくなるので、
軟式と硬式は、グローブを使い分ける必要があります。

グローブにはそれぞれ特徴があり、
キャッチャーならキャッチャーミット、
ファーストならファーストミットを使用するのが普通です。

捕手用には、甲の部分がベルトタイプと通常タイプがありますが、
ベルトタイプは通気性がよくなっています。

投手用のグローブは、グラブの中で握り替えをするので、
ポケットがやや深くなっています。

網の部分が完全に覆われている形になっていて、
球種を読まれないように工夫されています。

内野手用のグローブは、軽く作られていて、
小さめでポケットも浅くなっています。

外野手用のグローブは、
フェンス際の処理などが多いので、
縦に大きくなっています。



このサイトでは、下記のコンテンツを用意しています。

少年野球の指導理論はキャッチャーの理論はバッティングの理論はピッチングの理論は外野守備理論は内野守備理論はコーチの動画はトスバッティングはバッティングのティバッティングはマシーンバッティングは野球のサードの練習メニューは野球の基本(キャッチャー編フォーム)野球の基本(キャッチャー編盗塁阻止のコツ)野球の基本(バッティング編スイング)野球の基本(バッティング編タイミング)野球の基本(バッティング編テイクバック)野球の基本(バッティング編フォーム)野球の基本(ピッチング編フォーム)野球の基本(ピッチング編投球組立)野球の二遊間の練習メニューは野球の基本(キャッチャー編フライの取り方)野球の基本(キャッチャー編リードの仕方)キャッチャー用のミットの意味とおすすめリトルリーグ用の防具でおすすめは野球でのモンスターペアレントとのコミュニケーション野球での子ども達とのコミュニケーション
野球のアンダーシャツは野球の道具のグローブ野球の道具のスパイク野球の道具のバット