前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャー編リードの仕方は

キャッチャーは、リードの仕方が大事で、
それ如何で勝負の行方が変わってきます。

キャッチャーが良いリードをするには、洞察力が必要です。

バッターはもちろん、
相手のベンチやランナーの動きを常に見極める姿勢が大事です。

相手チームの監督や選手までも観察する洞察力が求められます。

良いリードをするには、とにかくピッチャーのコンディションや体力、
メンタル的な事などを考え、できるだけ投げやすいように配慮することが大事です。

いかにピッチャーに気持ち良く投げさせるかです。

キャッチングする時は、いい音をならすように工夫し、
ピッチャーのテンションが上がるような声かけをするのもリードでは大事になってきます。

練習でその日の投手のボールを受け、
いいボールとそうでないボールを確認しておきます。

そして本番で、この打者をどのように打ち取るべきかを考えていきます。

打席ごとに配球を変えるのも大事で、最初の一回りは直球を主体で、
二周り目は変化球主体など、臨機応変に対応していきます。

局面での使いわけも大事で、長打を打たれてはいけない場面では、
外中心の配球でリードし、ランナーがいない場合は、
内角やウエストボールを使うようリードします。





野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ