前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャー用のミットの意味とおすすめ

キャッチャー用のミットというのは、
野球の捕手が使用するもので、
全体的に丸くなっていて、端が厚く作られています。

キャッチャー用のミットの意味を紐解くと、
野球やソフトボールの守備で用いられる捕球用の防具のためのグラブということになります。

キャッチャー用のミットは、
投手の投球を捕球するのに適した形状をしているのが特徴です。

親指部分は独立しているのですが、
突き指を防ぐ形状になっています。

キャッチャー用のミットでおすすめは、
捕球が楽で球が弾かないものです。

そして、初級者から上級者までいずれも満足できる使い勝手の良さが条件になります。

極端に値のはらないものがおすすめです。

メーカー的には、
ルイスビルスラッガーのミットがおすすめです。

キャッチャー用のミットについては、どれも性能的にはほとんど変わりません。

メーカーによってこれが取りやすいというのもありません。

それゆえ、各メーカーの好きなモデルの中から選んで問題ないでしょう。

ただ深くて大きいのを選ぶと、
送球の時に持ち替えが遅れてしまうので、
程良い小ささで皮の柔らかいものがおすすめです。








野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ