前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

野球でのモンスターペアレントとのコミュニケーション

モンスターペアレントというのは、
野球の世界でもよく問題になっています。

少年野球では、
モンスターペアレントとのコミュニケーションが大事になってきます。

学童野球の指導をしている人にとっては、実に悩ましい問題です。

少年がチームの一員として試合に出るようになると、
モンスターペアレントが現れてきます。

うちの子はなんで下位打線なのか、
何でバントさせるのか、また、初球から打たせろなどと、
クレームをつけてきます。

モンスターペアレントは、
ご丁寧に自分でスコアをつけ、
打率まで計算しているからやっかいです。

偏った判断でスコアをつけているので、
自分の子はエラーで出塁しても、内野安打にしていたりします。

打順も戦略もチーム判断で監督がコーチに相談して決定するのですが、
モンスターペアレントは、そこにもしゃしゃり出てきて、
自分の子供を4番にしろとか、投手にして欲しいとか、口をはさんできます。

言うことを聞かないと、親が仲間を増やして派閥を作ったりします。

少年野球では、
モンスターペアレントとのコミュニケーション対策もしっかり図っておかなくてはなりません。

少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ