前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

野球の二遊間の練習メニューは

野球の二遊間の練習メニューで大事なのは、
ゴロを取る練習です。

最初は、バウンドのないゴロを転がすことで練習していきます。

バウンドがあると二遊間で合わせるのが難しくなるので、
練習メニューとしては、
緩やかなゴロで正確な動きを身につけるのが先決です。

練習の際は、
ボールをとった位置で投げるポイントを変えるということも大事です。

二遊間での練習は、
低い位置で取った場合はアンダーから投げるようにし、
胸の位置で取った場合はサイドから投げるようにすると、
実践に役立ちます。

ボールを取った位置からいかにしてスムーズに投げられるかを意識することが大事です。

それを意識して練習しているうちに、
無駄な動きが省けていきます。

二遊間の練習でポイントとなるのは、
1つは正面だけで基本の投げ方を練習することと、
もう1つは左右に振って動きを体に覚えさせることです。

二遊間の練習はダブルプレーの練習が必須で、
連続トスによるダブルプレーの練習を徹底させることです。

連続トスの基礎練習を行った後は、
膝をついたノックをするとより効果的な練習ができます。

低い位置で打球を打つので、
細かいバウンドで捕球が合わせやすくなります。

少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ