前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャー編盗塁阻止のコツ

野球でキャッチャーが盗塁を阻止するには、コツがあります。

それには、素早い送球が必須です。

キャッチャーがランナーを刺して、
盗塁を阻止することができれば、
アウトカウントが一つ増えてチームに貢献することができます。

相手チームはチャンスを逃すプレーになるので、
ゲームの流れを変える効果もあります。

キャッチャーが盗塁を阻止するコツは、
できるだけモーションを小さくして素早く投げることです。

ピッチャーがいくらクイックモーションで投げても、
キャッチャーの動きが遅いと、ランナーをアウトにすることはできません。

モーションを小さくすれば、盗塁を防げる確率が高くなります。

盗塁が刺せないと悩んでいる子どもに共通しているのは、
投げるまでのモーションが大きすぎるところです。

肩が強い弱いというのもありますが、
その前に、送球モーションを素早くする練習をすることです。

送球モーションが素早ければ、肩が弱くても、盗塁を阻止することは可能です。

投げ方には、ワンステップとツーステップで投げる方法があり、
左足だけを踏み出して投げるか、左足を踏み出す前に右足のステップを入れるかです。

盗塁阻止には素早いモーションが必要ですが、
捕ってから送球までの一連の流れを考えると、ツーステップがおすすめです。





野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ