前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

トスバッティングは

トスバッティングは、
投手が投げたボールをバットの芯で確実に打ち返す技術をあげるために必要な練習です。

また、ボールのミートポイントを知るのと同時に、
ボールを打った時の感触を掴む意味でも大切な練習です。

素振り練習を繰り返して固めたバッティングフォームを
自分の体に感覚として身に付けるという意味でも、
トスバッティングをおすすめします。

そんなトスバッティングのやり方を説明します。

トスバッティングはピッチャー役となる人と、
バッターとなる人の二人で行います。

ピッチャー役とバッター役の距離は5メートルくらいがベストです。

そして、ピッチャー役はバッター役にストライクボールを投げましょう。

ここで注意するのが、ストライクボールといっても決して速いボールではなく、
誰でも打ち返すことの出来る程度の緩いボールを投げるということです。

バッターも力強く打ち返すのではなく、
繰り返し行えるように軽く打ち返しましょう。

大切なのはバットの芯で打ち返すように意識するということです。

ストライクボール以外の球は打ち返さずに無視をすることで、
ボールを見極める力をつけることも出来るでしょう。


高橋雅裕のスピン打法 〜ボールに回転を加えて打球の飛距離をアップさせる方法〜 [TKH0001]



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ