前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

ピッチングの理論は

ピッチングの理論において最も重要なのは、正しい投げ方についてです。

といっても世界で活躍する選手を見てわかるように、
人それぞれ投げ方が違います。

なので、正しい投げ方にこだわらずに自分の投げやすいやり方で投げるということが正しい投げ方となるのです。

といっても悪い投げ方というのもあります。

正しい投げ方のポイントとしては、
腕をしっかりと振る、踏み込む足を出来る限り前にもってくる、
肩の開きを押さえてタメを作るということがあげられます。

バッティングにしてもピッチングにしても、
3つめのポイントとしてあげたタメというのは、とても大切です。

例えば、早く打とう打とうとして体が開いていれば、力強い打球が出来ません。

バットがボールに当たった時、
タメを行わなければボールに力を加えることが出来ないのです。

ピッチングにおいても同じです。

早く投げようと思えば、タメが出来ません。

体に力をためることが出来なければ、
投げるボールにも力は加わりません。

ですから、ピッチングの理論において、
投げる際は軸足に力をためるということも重要になってきます。