前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

少年野球チームの的確な指導は

少年野球の指導で悩むと
・打順を決めるのに迷ってしまう。
・守備はできるだけ適材適所の配置にしたい。
・ピッチャーを育てる。
・キャッチャーを育てる。
・バッティングの指導をする。さらにスラッガーを育てる。

悩みは尽きません。


様々な指導者を見ていると、指導方法に疑問を感じる方がいらっしゃいます。
試合で負けると、エラーしたこともを名指しで責める。
指導者自ら、汚いヤジを飛ばす。それに乗じて子ども達も野次を飛ばす。

少年野球の理想の姿は、子ども達自ら、すすんで練習を積極的にこなす。
練習なので、苦しいが、それでも笑顔が出ている。笑顔が出て、楽しいのでどんどん練習をしてうまくなる。

ただ、ここで、心配なのが、子どもの筋肉量と相談で練習すること。
これを子ども達に指導するようにする。

「練習で泣いて、試合で笑う」

プロ野球の解説者が言っていた事をお伝えします。
キャッチャーをする人は暗い性格がいい
中軸を打つバッターは明るい性格がいい
ピッチャーをする人はあまり明るくない方がいい

キャッチャーは冷静でち密な戦略を持たなければならない。



バッティング理論は

イチローさん流のバッティング理論は単純明快。
グリップを残すことでいろいろな球に対応ができるというもの。
さすがですね。

イチローさんと松井秀喜さんの打撃理論
立ち位置を変えるだけで、ボールが増えたというのは、松井秀喜さん。

バッティングで大切なのはいかに遠心力を使って打てるか?遠心力を利かすには、足腰を鍛えることが大切なのは当たり前ですね。

バッティングの理論の中で基礎的な要素があります。

それは、良いバッティングと悪いバッティングがあるということです。

野球をするのであれば誰しもが良いバッティングをしたいと思うでしょう。

指導する立場であっても良いバッティングをしてもらいたいと考えるのは当たり前のことでしょう。

では、良いバッティングとは何なのか。

テイクバックやインクとのタイミングなどバッティングには様々なコツが必要ですが、
まずはボールにくわわる力をフルに活用して打つということが大切です。

ボールに加わる力は主に3つあります。

1つめは人の筋力。バッドを振るう腕だけでなく、腹筋などの力も使うように意識しましょう。

2つめはバッドの重力。当然のことながら、バッドが重ければ重いほどボールに加わる力は大きくなります。

そして3つめは慣性力。スウィングしてみるとわかりますが、バッドを動かした時に途中で動きを止めようと思っても簡単に止めることは出来ません。運動エネルギーが加わった物体は、動き続けようとする性質を持っているのです。

これら3つの力をボールに加えられることで、
良いバッティングというものが成り立つのです。

この3つの力のことを意識することがバッティングの理論で基礎的な要素となります。


高橋雅裕のスピン打法 〜ボールに回転を加えて打球の飛距離をアップさせる方法〜 [TKH0001]




・トスバッティングは
・バッティングのティバッティングは
・マシーンバッティングは
・バッティング編スイング
・バッティング編タイミング
・バッティング編テイクバック
・バッティング編フォーム



ピッチング理論

投球フォームで大切な事が解説されています。とてもわかりやすいですね。ピッチングで最も大切なことは、コントロール。早い球で抑えられないが、遅い球でも抑えられるのは、コントロールがいいから。

コントロールを安定させるのは、やはり、「正しいフォーム」を身に着けること。

ピッチングの理論において最も重要なのは、正しい投げ方についてです。

といっても世界で活躍する選手を見てわかるように、
人それぞれ投げ方が違います。

なので、正しい投げ方にこだわらずに自分の投げやすいやり方で投げるということが正しい投げ方となるのです。

といっても悪い投げ方というのもあります。

正しい投げ方のポイントとしては、
腕をしっかりと振る、踏み込む足を出来る限り前にもってくる、
肩の開きを押さえてタメを作るということがあげられます。

バッティングにしてもピッチングにしても、
3つめのポイントとしてあげたタメというのは、とても大切です。

例えば、早く打とう打とうとして体が開いていれば、力強い打球が出来ません。

バットがボールに当たった時、
タメを行わなければボールに力を加えることが出来ないのです。

ピッチングにおいても同じです。

早く投げようと思えば、タメが出来ません。

体に力をためることが出来なければ、
投げるボールにも力は加わりません。

ですから、ピッチングの理論において、
投げる際は軸足に力をためるということも重要になってきます。


佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]



・ピッチング編フォーム
・ピッチング編投球組立




キャッチャー理論

キャッチャーと言うポジションは、なかなか育てるが難しいと言われます。
が、正しい方法で指導、練習すると、4番キャッチャーも無理ではない。

この動画は、元プロの野球選手が正しいキャッチャーフォームのヒントがあります。
その他、キャッチャーは、打者のクセを素早く読み取り、ピッチャーの持ち味を最大限生かすことや
走者がいるときの盗塁阻止や様々なキャッチャーフライを確実に取ることなど。

プロのキャッチャーの練習を見てみると、
ボールを受け取ってすぐに投げることを繰り返していて
補助者が脚を前に出ないように両腕で返すようにする。

投げる時のキャッチャーフォームが安定すると
その分コントロールが安定し、盗塁阻止率が上がる。

キャッチャーに求められる役割は、
ピッチャーの投げたボールを捕球するだけではありません。

盗塁やヒットエンドランを阻止したり、
バンドやキャッチャーフライの処理をするなど、多くの役割を担っています。

また、守備全体を見渡せる立場にあるため、
得点を防ぐための守備体型を指示するのもキャッチャーの役割です。

試合の行く末を左右する重要な立場にあるからこそ、
キャッチャーの理論で最も重要なのはリラックスした状態を保つということです。

そのためには、正しい構え、姿勢をとる必要があります。

足は肩幅よりもやや広めに開き、
ミットを持つ側の足を一足程度前に出し、
足先は膝と同じ方向を向くようにします。

目線はもちろんピッチャーへ、肩に力を入れないようにしましょう。

足先を開きすぎたり、逆に閉じすぎると、バランスが取りにくい状態になります。

盗塁を阻止するために立ち上がって投げようとすれば、
バランスを崩して立ち上がれず、
地面をしっかりと蹴ることも出来ないので投球することも出来なくなります。

基本的な姿勢をとり、
リラックスした状態を保つということがキャッチャーの理論で最も重要なのです。




・キャッチャー編フォーム
・キャッチャー編盗塁阻止のコツ
・キャッチャー編フライの取り方
・キャッチャー編リードの仕方
・キャッチャー用のミットの意味とおすすめ
・リトルリーグ用の防具でおすすめは



内野守備理論

プロの野球選手が懇切丁寧に教えてくれている。
動作一つ一つチェックして、取り入れてください。
内野は、ご存知のように三塁、二遊間、一塁でそれぞれむずかしさがあります。

ボールを前に出て取るか、
待って取るか、腰を沈めて取るかなどなど

どんどん攻めて点数を獲得していく攻撃重視のチームも確かに強いのですが、
最後の最後で勝つのはやはり守備重視のチームなのです。

野球というものは、失点しなければ勝つことが出来るのです。

外野も投手も、捕手も重要なポジションですが、
鉄壁な内野守備こそが守りの野球を実現して勝利を掴みとるのです。

内野の技術を磨き上げる基礎練習として、内野ノックを何度も受け、
あらゆる状況の守備を繰り返し練習する必要があります。

また、キャッチボールがしっかりと出来てこそ内野守備は上達します。

けれども、これらはあくまでも基礎練習です。

鉄壁の内野守備の特徴として大切なのは攻撃的な守備であるということ、
つまりは自ら捕球しに行く姿勢を持つことです。

打球がくるまで待ち、動かないまま捕球する選手を見かけることがありますが、
これでは鉄壁の内野守備とはいえません。

送球体勢に入るときでも足が動かないままの選手がいますが、
このような内野守備では勝利を勝ち取ることは出来ません。

攻撃的な守備というのは、足をとめない内野であるということです。

打球をまつのではなく走りながら捕球をする、
そしてそのまま走りながら送球する。

常に足を止めない内野こそが鉄壁の内野守備となるのです。





内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組



・野球のサードの練習メニューは
・野球の二遊間の練習メニューは




外野守備理論

阪神大和の遊び心のある外野守備のコツ

喋りの上手な阪神大和選手が外野守備を開設しています。
ボールの待ち方にヒントがあるような。

それでも、真正面から来るボールを取るのは
プロでも難しい。
それを子ども達が取れたらどれだけ嬉しいか。

外野守備は内野守備と同様、
勝利を勝ち取るためには非常に重要な役割を担っています。

けれども実際は、守備の役割を内野に求める傾向にあり、
外野には守備が求められていない傾向にあるのではないでしょうか。

肩が強い、足が速いなど、極端な特徴を持っているから外野にされる選手も少なくないでしょう。

けれども、チーム全体を勝利へ導くために外野守備も欠かせない要素なのです。

もしも緩いボールが外野にとんできたとき、
どのようにキャッチするでしょうか。

ただ普通にキャッチするのは誰にも出来ること。
元日本ファイターズの新庄剛志選手はキャッチする瞬間に軽くジャンプをして空中でボールと捕ります。

これこそが、高レベルな外野守備なのです。

どういうことなのかというと、
自分のプレーを上手く見せるだけでなく、
試合で対戦相手に対して余裕を見せることが目的なのです。

もしも味方チームが劣勢の時、外野守備がこのような余裕を見せれば、
チーム全体にも心に少しの余裕が生まれることでしょう。

気持ちの持ちよう次第で、試合の結果は大きく左右するのです。

外野守備に求められるのは守備能力だけではないのです。

外野守備は、チーム全体の雰囲気を変える役割をも担っているのです。

ライト、センター、レフトと
守る位置によってボールの飛び方が違う。

それらを熟知し、初速が早くなるように育てると
もう外野守備は完璧ですね。

そんな選手育てたいですね。


梅原伸宏のグラブマネジメント 〜守備力向上プログラム〜 [UG0001]




・野球でのモンスターペアレントとのコミュニケーション
・野球での子ども達とのコミュニケーション
・野球のアンダーシャツは
・野球の道具のグローブ
・野球の道具のスパイク
・野球の道具のバット

少年野球のコーチ(ピッチング・バッティング・バッテリー・守備)は

野球のプレイ動画やコーチのインタビュー動画を見ていると、
一言にコーチといっても様々なコーチがいることがわかります。

というのも、コーチといっても6通りの役割があり、
それぞれ異なる名称がついているのです。

監督に次ぐ2番目の序列を有しており、
監督の補佐役であるのがベッドコーチです。

作戦面を担当して、監督に状況に応じた助言を提供します。

チーム内の投手を指導する立場にあるのがピッチングコーチです。

スプリングキャンプの時期からチーム内の全ての投手の能力を評価し、
体調管理を行い、投球に関する助言を行います。

リリーフ投手のみと指導範囲が限定されているのがブルペンコーチです。

捕手の育成指導を徹底するのがバッテリーコーチです。

スローイングとキャッチングの基本から、
打者心理を呼んだ配球を投手に指導するリードまで、
幅広い内容を教育します。

チーム内の打者全員に関する指導を担うのがバッティングコーチです。

そして、試合中に攻撃側となった時、
一塁付近と三塁付近のファウルゾーン内に設けられた所定のコーチボックス内に、
一人ずつ配置され、支持をおくるのがベースコーチです。

このように、一言にコーチといっても役割担当は実に様々なのです。



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ

少年野球の指導は何故難しいのかについて

少年野球を考えるとき、
その年齢差で指導方法を変えないといけない点がまず思い浮かびます。

小学低学年から4年5年6年と高学年に行くほど
身体がしっかりできてくる。
身体がしっかりできていない時に無理をさせると大変なことになる。

出来たら小児科医とコネクションがあると最高ですね。
小学低学年と時に体は上へ上へ伸びようとします。
ですので、変な動きをすることで成長に支障が出ても困ります。

次は投げる、打つ、守る。
基礎練習が一番ですが、子どもなので単純な運動になれば
続けるのはなかなか難しい。
もちろん、中に、基礎練習を不平なくこなす子もいます。

上手く指導できれば、基礎体力
様々な筋肉を使い投げる、打つ、そして守ることができるようになる。

筋肉がついていない時から
極端な練習をすると、怪我のもととなり
取り返しのつかないことになるので要注意です。

ポジショニングが難しい

少年野球と指導していると、
ポジションを誰にさせるかに悩む。

ピッチャー、キャッチャー、内野、外野。
特にキャッチャーが難しい。

キャッチャーの望むことは
打者の特徴をみて、どんなボールでどこに狙うかを
ピッチャーに指示しないといけない。
間違ったら、ヒットを打たれたり、
大きなヒットを打たれたりする。

後悔するだけになる。

ピッチャーも然りです。
足腰の強さや腕の筋肉
握力が要求される。

それに、体力も相当消耗するので、
基礎体力が他のポジションより強く要求される。

内野。

内野は守備のかなめ。
俊敏でボールを取るとすぐに1塁、2塁、3塁、ホームへ投げなければならない。
俊敏さと的確な判断力が要求される。

外野。

外野は特に真正面のフライの位置の得手が難しく
守備練習に励むと励んだらいい。

中でもキャッチャ―
キャッチャーを育てるのは難しいと言われます。
ですので、もし、キャッチャーを育てるのに悩んでおられるのであれば
下記の教材をご紹介します。


打順を決めるのは簡単かなあ

打順を決めるのはある意味簡単。
一度、順番を決めてその打順で試合に臨む。

試合に臨んで、それぞれの打者の様子を見てみる。
試合でいいところ、これから直さないといけないところなどを
記録していく。

次の試合では、その記録から打順をいじっていく。

同じように打者の様々なことを記録していく。
その記録からまた打順を変えてみる。

と試行錯誤を繰り返し、打順が決まって行ったら
強いチームになっていっているのです。

野球での子ども達とのコミュニケーション

野球での子ども達とのコミュニケーションは、欠かせません。

少年野球の指導においてコミュニケーションは、
非常に重要なポイントになります。

野球を指導する側にとっては、
色々と考えることが多いのですが、
野球の指導は、野球の知識や指導力だけが物を言うものではありません。

大切にすべきなのがコミュニケーションです。

子ども達は12才くらいから思春期を迎え、
その頃は第二反抗期と言われています。

ただ、反抗期の反抗対象は親になるので、
少年野球で子ども達に指導する場合、
この時期は、むしろコミュニケーションが取りやすい年齢なのです。

いつも野球のことばかり話をしているのでは面白みがないので、
普段の会話でコミュニケーションをとっていく必要があります。

そのためには、共通の話題がおすすめです。

子ども達とうまく接するには、
野球以外の共通の話題を持つことです。

双方が興味を持っていることに話題をふれば、
会話が成立し、話も弾みます。

そうするうちに、子ども達と自然と仲良くなれるようになります。

コミュニケーションは、
相互のやり取りで成立するもので、
一方的に話をするだけでは成立しません。

少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ