前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

キャッチャーの理論は

キャッチャーに求められる役割は、
ピッチャーの投げたボールを捕球するだけではありません。

盗塁やヒットエンドランを阻止したり、
バンドやキャッチャーフライの処理をするなど、多くの役割を担っています。

また、守備全体を見渡せる立場にあるため、
得点を防ぐための守備体型を指示するのもキャッチャーの役割です。

試合の行く末を左右する重要な立場にあるからこそ、
キャッチャーの理論で最も重要なのはリラックスした状態を保つということです。

そのためには、正しい構え、姿勢をとる必要があります。

足は肩幅よりもやや広めに開き、
ミットを持つ側の足を一足程度前に出し、
足先は膝と同じ方向を向くようにします。

目線はもちろんピッチャーへ、肩に力を入れないようにしましょう。

足先を開きすぎたり、逆に閉じすぎると、バランスが取りにくい状態になります。

盗塁を阻止するために立ち上がって投げようとすれば、
バランスを崩して立ち上がれず、
地面をしっかりと蹴ることも出来ないので投球することも出来なくなります。

基本的な姿勢をとり、
リラックスした状態を保つということがキャッチャーの理論で最も重要なのです。