前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

外野守備理論は

外野守備は内野守備と同様、
勝利を勝ち取るためには非常に重要な役割を担っています。

けれども実際は、守備の役割を内野に求める傾向にあり、
外野には守備が求められていない傾向にあるのではないでしょうか。

肩が強い、足が速いなど、極端な特徴を持っているから外野にされる選手も少なくないでしょう。

けれども、チーム全体を勝利へ導くために外野守備も欠かせない要素なのです。

もしも緩いボールが外野にとんできたとき、
どのようにキャッチするでしょうか。

ただ普通にキャッチするのは誰にも出来ること。
元日本ファイターズの新庄剛志選手はキャッチする瞬間に軽くジャンプをして空中でボールと捕ります。

これこそが、高レベルな外野守備なのです。

どういうことなのかというと、
自分のプレーを上手く見せるだけでなく、
試合で対戦相手に対して余裕を見せることが目的なのです。

もしも味方チームが劣勢の時、外野守備がこのような余裕を見せれば、
チーム全体にも心に少しの余裕が生まれることでしょう。

気持ちの持ちよう次第で、試合の結果は大きく左右するのです。

外野守備に求められるのは守備能力だけではないのです。

外野守備は、チーム全体の雰囲気を変える役割をも担っているのです。

ライト、センター、レフトと
守る位置によってボールの飛び方が違う。

それらを熟知し、初速が早くなるように育てると
もう外野守備は完璧ですね。

そんな選手育てたいですね。