前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

少年野球の指導方法と少年野球チームを強豪チームに導くには



少年野球で子ども達が見る見るうちに、上手になるには、精神面と技術面の向上が不可欠です。

1.子どもが野球をとことん好きになるように指導すること
2.子どもが自分自身でどうしたら野球がうまくなるのかを考えるように子どもに問いかける指導をすること
3.少年野球の指導者は子どものやる気をどのようにして上げていくのかを実践すること



1.子どもが野球をとことん好きになるように指導すること
  ・小さな成功体験を積み重ねていく
  ・その成功体験が糧となり、少々つらい練習でも前向きにこなしていけるようになる
  ・前向きに練習することで、少し大きな成功体験ができるようになる
  ・子どもは、野球がやりたくて仕方がなくなる
  子どもが野球を大好きになる

2.子どもが自分自身でどうしたら野球がうまくなるのかを考えるように子どもに問いかける指導をすること
  ・子どもが野球を好きになれば、当然、自分自身でうまくなろうとします。
   そこで、少年野球の指導者は子どもが何かうまくいったことについて、聞いてあげること。
   例えば、スイングが速くなった時など、どのようにして、バッティングスピードが速くなったかを聞く
   子どもが成功体験や失敗体験を繰り返すことで子どもが自ら考え実行していく。

3.少年野球の指導者は子どものやる気をどのようにして上げていくのかを実践すること
  ・選手交代や守備位置や打順など決めた理由をわかりやすく説明すること
  ・試合になぜ負けてしまったかを子どもが自分で考える
  ・子どもそれぞれに、小さな目標を自分で決めさせて、できたらホメてあげる


少年野球の指導理論は

少年野球の指導理論は試合に勝つだけではなく、人間形成の場です。


様々な指導者を見ていると、指導方法に疑問を感じる方がいらっしゃいます。
試合で負けると、エラーしたこともを名指しで責める。
指導者自ら、汚いヤジを飛ばす。
それに乗じて子ども達も野次を飛ばす。

少年野球の理想の姿は、
子ども達自ら、すすんで練習を積極的にこなす。
練習なので、苦しいが、それでも笑顔が出ている。
笑顔が出て、楽しいのでどんどん練習をしてうまくなる。

ただ、ここで、心配なのが、
子どもの筋肉量と相談で練習すること。
これを子ども達に指導するようにする。

「習で泣いて、試合で笑う」


少年野球の指導で悩むと
 


様々な指導者を見ていると、指導方法に疑問を感じる方がいらっしゃいます。
試合で負けると、エラーしたこともを名指しで責める。

指導者自ら、汚いヤジを飛ばす。それに乗じて子ども達も野次を飛ばす。

少年野球の理想の姿は、子ども達自ら、すすんで練習を積極的にこなす。
練習なので、苦しいが、それでも笑顔が出ている。
笑顔が出て、楽しいのでどんどん練習をしてうまくなる。

ただ、ここで、心配なのが、子どもの筋肉量と相談で練習すること。
これを子ども達に指導するようにする。

「練習で泣いて、試合で笑う」

プロ野球の解説者が言っていた事をお伝えします。
キャッチャーをする人は暗い性格がいい

中軸を打つバッターは明るい性格がいい
ピッチャーをする人はあまり明るくない方がいい





少年野球指導者として以下のことで悩んでいませんか?
・どうしたら強くなれるのか
・子供たちや親御さんたちとのコミュニケーションをどのようにしたらいいのか?
・打順を決めるのに迷ってしまう。
・守備はできるだけ適材適所の配置にしたい。
・ピッチャーを育てる。
・キャッチャーを育てる。
・バッティングの指導をする。さらにスラッガーを育てる。

悩みは尽きません。



スパルタで野球を教えていいのか?

監督がすべての指示をしていないか?

楽しみながら野球が強くなるのは間違いか?

子どもたちが大きな声を出せていないのは?

チームがワンチームになっていないのはなぜか?

今の練習方法で合っているのか?

ピッチャー、キャッチャー、打順の人選に間違いはないのか?

守備力を上げるにはどうしたらいいのか?

攻撃力を上げるにはどうしたらいいのか?

子ども達の体調管理をどのようにしたらいいのか?





前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!