前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

内野守備理論は

どんどん攻めて点数を獲得していく攻撃重視のチームも確かに強いのですが、
最後の最後で勝つのはやはり守備重視のチームなのです。

野球というものは、失点しなければ勝つことが出来るのです。

外野も投手も、捕手も重要なポジションですが、
鉄壁な内野守備こそが守りの野球を実現して勝利を掴みとるのです。

内野の技術を磨き上げる基礎練習として、内野ノックを何度も受け、
あらゆる状況の守備を繰り返し練習する必要があります。

また、キャッチボールがしっかりと出来てこそ内野守備は上達します。

けれども、これらはあくまでも基礎練習です。

鉄壁の内野守備の特徴として大切なのは攻撃的な守備であるということ、
つまりは自ら捕球しに行く姿勢を持つことです。

打球がくるまで待ち、動かないまま捕球する選手を見かけることがありますが、
これでは鉄壁の内野守備とはいえません。

送球体勢に入るときでも足が動かないままの選手がいますが、
このような内野守備では勝利を勝ち取ることは出来ません。

攻撃的な守備というのは、足をとめない内野であるということです。

打球をまつのではなく走りながら捕球をする、
そしてそのまま走りながら送球する。

常に足を止めない内野こそが鉄壁の内野守備となるのです。