バッティング理論

バッティングの理論は


バッティングの理論の中で基礎的な要素があります。

それは、良いバッティングと悪いバッティングがあるということです。

野球をするのであれば誰しもが良いバッティングをしたいと思うでしょう。

指導する立場であっても良いバッティングをしてもらいたいと考えるのは当たり前のことでしょう。

では、良いバッティングとは何なのか。

テイクバックやインクとのタイミングなどバッティングには様々なコツが必要ですが、
まずはボールにくわわる力をフルに活用して打つということが大切です。

ボールに加わる力は主に3つあります。

1つめは人の筋力。バッドを振るう腕だけでなく、腹筋などの力も使うように意識しましょう。

2つめはバッドの重力。当然のことながら、バッドが重ければ重いほどボールに加わる力は大きくなります。

そして3つめは慣性力。スウィングしてみるとわかりますが、バッドを動かした時に途中で動きを止めようと思っても簡単に止めることは出来ません。運動エネルギーが加わった物体は、動き続けようとする性質を持っているのです。

これら3つの力をボールに加えられることで、
良いバッティングというものが成り立つのです。

この3つの力のことを意識することがバッティングの理論で基礎的な要素となります。


高橋雅裕のスピン打法 〜ボールに回転を加えて打球の飛距離をアップさせる方法〜 [TKH0001]



このサイトでは、下記のコンテンツを用意しています。

少年野球の指導理論はキャッチャーの理論はバッティングの理論はピッチングの理論は外野守備理論は内野守備理論はコーチの動画はトスバッティングはバッティングのティバッティングはマシーンバッティングは野球のサードの練習メニューは野球の基本(キャッチャー編フォーム)野球の基本(キャッチャー編盗塁阻止のコツ)野球の基本(バッティング編スイング)野球の基本(バッティング編タイミング)野球の基本(バッティング編テイクバック)野球の基本(バッティング編フォーム)野球の基本(ピッチング編フォーム)野球の基本(ピッチング編投球組立)野球の二遊間の練習メニューは野球の基本(キャッチャー編フライの取り方)野球の基本(キャッチャー編リードの仕方)キャッチャー用のミットの意味とおすすめリトルリーグ用の防具でおすすめは野球でのモンスターペアレントとのコミュニケーション野球での子ども達とのコミュニケーション
野球のアンダーシャツは野球の道具のグローブ野球の道具のスパイク野球の道具のバット


少年野球の指導方法と練習メニューなどでお悩みならこちらをクリック


 

サイトマップ