前田幸長さんは、ロッテ、中日、巨人、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスに移籍、現在、都筑中央ボーイズ会長

2011年、指導者としての活動開始からわずか1年で同チームは全国選手権大会への出場権を勝ち取り、2年後の2013年には同大会・小学生の部において優勝。

その指導方法を公開しています。
いつまで公開できるかわかりません。

前田幸長の強豪チームの作り方の公式サイトはこちら!

ピッチング編フォーム

ピッチングのフォームには、
理想とするフォームがあります。

きちんとした基本を身につけないと、
肩を壊してしまいます。

悪いフォームのままで投げていると、
クセになって体に染み付いてしまうので注意しないといけません。

球速を上げるには、ボールに最大の力を加える必要がありますが、
そのためには、体の使い方やボールを放すタイミングが大事になります。

フォームがバラバラだと、
スピードボールを投げることはできません。

ピッチングの理想とするフォームは、
腕を振ると言う意識よりは、
下半身を回転させる方に意識を集中することです。

その方が結果的に腕が振れるようになります。

下半身を回転させると、
自然と上半身もフラットの状態に戻ろうとするので、
ラクに腕が振れるのです。

そして、ひねりを回転の力に変えるポイントは引き手にあるので、
右ピッチャーであれば左手の引手を、
体を回転させる際、体の方へ引きつけることです。

グローブをはめている方の腕を体の方へ引きつけるイメージで投げるとよいです。

ピッチングのフォームで大事なことは、
下半身を土台としたひねりと、
上半身の体の回転力を活かすことです。


佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]



少年野球の的確な指導はこのサイトのトップページへ